萩原明峯 肖像

最初は
お部屋に花を飾りたい 友達を作りたいと始めた
いけばな
出会った時から とても楽しく面白く 何事も忘れて
お花を活けあげることに没頭してしまう

そんな時間が持てる私は幸せもの・・・・と
いつも思っています

あれから・・・三十余年
いけばなの魅力を益々感じて、終わりなき道を歩んでいくことに幸せを感じています

             
萩原明峯 略歴
1976年龍生派入門
1981年自由花 家元教授取得
1986年生花 家元教授取得
1992年立華 家元教授取得
1988年以降いけばな龍生展(上野松坂屋)に毎年出品(作品集 龍生展)
1991年いけばな教室を開設
1992年龍生派 那須野が原 いけばな野外展出品(作品集 野外展)以後野外展に毎回出品
1998年 アメリカ西海岸(カリホルニア洲 メンドシーノ)龍生派いけばな野外展出品
1992年以降いけばな公募展に毎年出品(作品集 いけばな公募展)
1995年以降いけばな協会展に毎年出品(作品集 いけばな協会展)
1994年〜2001年祭りと花 Meihou‘s社中展開催
2004年クエスト.イン.ザ.グリーン2004(原宿クエスト)
7メートルの柱に2ヶ月間インスタレーションしました(作品集クエスト.イン.ザ.グリーン)
2008年龍生派本部一級研究会で入選した「もみじ」の作品が、アメリカで出版されたIKEBANAの本の表紙になる
2012年本部派遣講師に任命される
その他龍生派東京第六地区いけばな展(日暮里サニーホール) 東京北区文化祭華道展 伝統文化こども教室など地域の文化交流も大切にしている
現在龍生華道会評議員 家元監事教授 東京第六地区委員長 本部派遣講師